平成22年度入試 学力検査結果

福岡県が平成22年度の入試における受験生の正答率等をはじきだし、その分析結果を公表しています。

福岡県の公立高校入試問題は、福岡県教育庁高校教育課(福岡県庁北棟4階)にて配布しています。以下にそのリンクも付けていますが、ぜひ実物も手にとって見てください。

続きを読む>>

平成20年度公立高校入試 予想平均点は190.2点

福岡県内のほとんどの公立高校で3月12日に一般入試が終え、福岡県教委が同日発表した予想平均点は国語、数学、社会、理科、英語の5教科(各60点)の合計で190.2点。前年度の平均点と同水準で、県教委は「例年並みの難易度」としている。

教科別の予想平均点は、
国語41.6点(前年度実績43.7点)
数学36.1点(同33.8点)
社会37.0点(同35.8点)
理科36.1点(同34.8点)
英語39.4点(同41.9点)

と予想しています。

今回の特徴として、国語では聞く、話すことの重要性を取り上げた問題を出題。数学では広場に植える木の数を方程式を使って答えさせるといった具体的な問題を設け、社会では国内の世界遺産を絡めた今日的な出題があった。記述式の割合は66%で過去5年では最も高かった。

また、前年度に続いて数学の追加問題を県内5校で試行。県教委はその結果を基に、2009年度以降の入試に本格導入するかどうか検討する。

平成22年度入試 学力検査結果

福岡県が平成22年度の入試における受験生の正答率等をはじきだし、その分析結果を公表しています。

福岡県の公立高校入試問題は、福岡県教育庁高校教育課(福岡県庁北棟4階)にて配布しています。以下にそのリンクも付けていますが、ぜひ実物も手にとって見てください。

続きを読む>>

 

「勉強に関して競争心がない」というお母さんからの相談

 

Copyright © 2006-2010 福岡県の高校入試|高校入試ナビ All rights reserved