平成21年度入試の調査書について

◆調査書には何が記入され,高校はそれをどのように評価するのか?

調査書の記載内容のうち主なものは、
「各教科の学習の記録」
「総合的な学習の時間の記録」
「特別活動の記録」
「行動の記録」
「総合所見」

これらの記入欄には,日常の学習に対する努力や態度,ボランティア活動など校外での活動,学校生活全体を通して見た生活態度や進路に対する意識,興味・関心等に基づき中学校生活全体の様々な記録が記入されます。

高校はこれらの記載内容を見て,生徒の多様な個性や能力,興味・関心等を評価し、自校の求める生徒像に合致するかどうか,あるいは学科・コースにふさわしい適性があるかどうかなどについて,総合的に判断し,合否決定の資料として活用します。


◆調査書の各教科の学習の記録の評定は,どのように記載されるのか?

必修教科の観点別学習状況欄
観点ごとに
「十分満足できると判断されるもの」をA,
「おおむね満足できると判断されるもの」をB,
「努力を要すると判断されるもの」をC
として記入します。

必修教科の評定欄
中1・中2年次は,指導要録から転記。
中3年次は指導要録の記入要領に準じて
「十分満足できると判断されるもののうち,特に高い程度のもの」を5,
「十分満足できると判断されるもの」を4,
「おおむね満足できると判断されるもの」を3,
「努力を要すると判断されるもの」を2,
「一層努力を要すると判断されるもの」を1

として記入します。

Q 入試の学力検査の結果は教えてもらえるのか?

Q 入試の学力検査の結果は教えてもらえるのか?

A 学力検査の教科別得点及び総合得点については,簡易な手続きで開示することとしています。合格発表の日(1校でも全日制課程において補充募集が行われる場合は,当該補充募集の合格発表の日)の翌日から1か月の間に、受検した県立高等学校において,受検者本人又は受検者の法定代理人が口頭による開示請求をすることで開示されます。
  
なお、開示請求に当たっては、受検者本人の場合は受検票及び健康保険証又は生徒手帳を法定代理人の場合は前記の書類のほかに受検者と本人との関係を証明する戸籍謄本等及び法定代理人自身であることを証明する運転免許証等の提示が必要となっています。詳しくは,受検した高校に直接お問い合わせください。 

平成21年度入試の調査書について

◆調査書には何が記入され,高校はそれをどのように評価するのか?

調査書の記載内容のうち主なものは、
「各教科の学習の記録」
「総合的な学習の時間の記録」
「特別活動の記録」
「行動の記録」
「総合所見」

これらの記入欄には,日常の学習に対する努力や態度,ボランティア活動など校外での活動,学校生活全体を通して見た生活態度や進路に対する意識,興味・関心等に基づき中学校生活全体の様々な記録が記入されます。

高校はこれらの記載内容を見て,生徒の多様な個性や能力,興味・関心等を評価し、自校の求める生徒像に合致するかどうか,あるいは学科・コースにふさわしい適性があるかどうかなどについて,総合的に判断し,合否決定の資料として活用します。


◆調査書の各教科の学習の記録の評定は,どのように記載されるのか?

必修教科の観点別学習状況欄
観点ごとに
「十分満足できると判断されるもの」をA,
「おおむね満足できると判断されるもの」をB,
「努力を要すると判断されるもの」をC
として記入します。

必修教科の評定欄
中1・中2年次は,指導要録から転記。
中3年次は指導要録の記入要領に準じて
「十分満足できると判断されるもののうち,特に高い程度のもの」を5,
「十分満足できると判断されるもの」を4,
「おおむね満足できると判断されるもの」を3,
「努力を要すると判断されるもの」を2,
「一層努力を要すると判断されるもの」を1

として記入します。

Q 入試の学力検査の結果は教えてもらえるのか?

Q 入試の学力検査の結果は教えてもらえるのか?

A 学力検査の教科別得点及び総合得点については,簡易な手続きで開示することとしています。合格発表の日(1校でも全日制課程において補充募集が行われる場合は,当該補充募集の合格発表の日)の翌日から1か月の間に、受検した県立高等学校において,受検者本人又は受検者の法定代理人が口頭による開示請求をすることで開示されます。
  
なお、開示請求に当たっては、受検者本人の場合は受検票及び健康保険証又は生徒手帳を法定代理人の場合は前記の書類のほかに受検者と本人との関係を証明する戸籍謄本等及び法定代理人自身であることを証明する運転免許証等の提示が必要となっています。詳しくは,受検した高校に直接お問い合わせください。 

Q 調査書には何が記入され、高校はそれをどのように評価するのか?

Q 調査書には何が記入され、高校はそれをどのように評価するのか?

A 調査書の記載内容のうち主なものをあげると、「各教科の学習の記録」「総合的な学習の時間の記録」「特別活動の記録」「行動の記録」「総合所見」があります。これらの記入欄には、

日常の学習に対する努力や態度
ボランティア活動など校外での活動
学校生活全体

を通して見た生活態度や進路に対する意識、興味・関心等に基づき中学校生活全体の様々な記録が記入されます。  高校はこれらの記載内容を精査し、志願者の多様な個性や能力、興味・関心等を評価することで自校の求める生徒像に合致するかどうか、あるいは学科・コースにふさわしい適性があるかどうかなどについて、総合的に判断し、合否決定の資料として活用します。


Q 調査書の各教科の学習の記録の評定は、どのように記載されるのか?

A 必修教科については次の要領で取扱います。
観点別学習状況欄・・・中学校生徒指導要録の記入要領に準じて観点ごとに「十分満足できると判断されるもの」をA、「おおむね満足できると判断されるもの」をB、「努力を要すると判断されるもの」をCとして記入することとしています。
  
評定欄・・・第1学年及び第2学年分は、指導要録から転記。第3学年分は指導要録の記入要領に準じて「十分満足できると判断されるもののうち、特に高い程度のもの」を5、「十分満足できると判断されるもの」を4、「おおむね満足できると判断されるもの」を3、「努力を要すると判断されるもの」を2、「一層努力を要すると判断されるもの」を1として記入することとしています。

Q 推薦入学はどのように実施されるのか?

Q 推薦入学はどのように実施されるのか?

A すべての県立高校のすべての学科・コースで推薦入学を実施します。選考に当たっては,中学校での日常の学校生活や学校の内外で特に努力したこと、興味・関心を持っている事柄や志望動機などを重視します。その際、各高校が推薦要件で示したポイントを特に重視します。
  
なお、各高校の推薦要件などを示した「推薦入試実施要項」が11月から12月にかけて各中学校に配布されます。

 

「勉強のやる気が出ないとき」の解決策

 

Copyright © 2006-2010 福岡県の高校入試|高校入試ナビ All rights reserved