平成21年度入試で追加問題を実施する学校

平成21年度入学者選抜においては追加問題を実施する高校は、次の高校(学科)で実施します。
追加問題は2年間(平成19年度及び平成20年度入学者選抜)の試行を経て,平成21年度入学者選抜(平成21年3月実施)から正式に導されます。

筑紫丘高等学校(理数科)
明善高等学校(理数科)
嘉穂高等学校(理数科)

実施教科: 数学
配点及び検査時間:
配点は30点とし、検査時間は30分とする。※現行の学力検査終了後、実施する。

活用方法:数学の現行の学力検査の得点(配点60点)に「追加問題」の得点(配点30点)を加算したものを数学の得点とする。


※追加問題とは、現行の学力検査では測り難い生徒の適性・能力を判定し,志願者の個性や特性,学習意欲等を重視する入学者選抜を行うことを目的として,現行の学力検査問題に追加して,新たに県教委で作成する「追加問題」を実施することとしたものです。

  模試の偏差値が安定しない場合の解決策

 

子供が勉強しないで困る!と嘆くお母さんが注意すべきこと

 

Copyright © 2006-2010 福岡県の高校入試|高校入試ナビ All rights reserved