選抜基準を事前公開

福岡県でも個別の高校によってそれぞれ独自の基準がもっと出てくるようになると思われます。

埼玉県教育局は二十日、二〇一〇年度公立高校入試から学力試験、調査書の配点を含む選抜基準を各高校で事前公開することを明らかにした。現在の中学一年生が対象となる入試から導入する。通知票の成績はもちろん、生徒会、学級活動、部活動の記録ほか、英語や漢字の検定資格など、中学時代の調査書内項目の配点が示されるほか、調査書や面接が入試当日の学力試験に対してどのくらい重視されるかを受験生自身が前もって知ることができ、志望校選びの一助になりそうだ。

選抜方法や、調査書などの配点は各高校で決定できる。県教育局は、現中学一年生が二年生になる来年七月ごろまでに各高校に決めてもらい、同十一月には中学生や保護者に資料を配布する方針。調査書の内容は中学生自身で知ることができる。

これまで、通知票の成績が中学の学年一、二、三年に対して「1対1対2」の割合で考慮されるなどの配点は公表されていたが、部活動や学級活動などの「特別活動」や、資格取得や出欠記録など「その他の項目」まで得点化し、配点が示されるのは初めて。

選抜に関しても、第一次から三次まで段階を設け、各配点を公開する。入試当日の学力試験に対する調査書の配点は、一次選抜は四割から六割、二次選抜は三割から七割の幅で、各高校で設定することができる。

例えば、前期募集なら学力試験五教科の合計五百点に対し、一次選抜の調査書の配点は五百点だが、一次に漏れた受験生が対象の二次選抜では配点を七百五十点に設定したとする。また、高校によっては三次選抜を実施でき、「特別活動記録の得点で選抜」とすれば、もし中学時代に野球などで活躍し、調査書の高得点項目が自身で分かっていれば、二次、三次選抜を視野に受験することもできるわけだ。もちろん、一次から三次までの選抜は学力試験後の高校内部の採点作業。生徒が何次選抜で合格したかなどは一切公表されない。

県教育局高校教育指導課は「一都三県で未公開は埼玉だけだった。透明な入試を目指したい」としている。

一〇年度県内公立高校入試は制度が大幅に変更される。学力試験を行わず調査書と面接のみで行う現行の前期募集(総募集人員の四割)が見直され、一〇年は全体の八割の生徒を五教科の学力試験を必須とする前期募集(二月十六日実施)として選抜することなどが決まっている。

2007年12月21日 WEB埼玉 

 

「勉強に関して競争心がない」というお母さんからの相談

 

Copyright © 2006-2010 福岡県の高校入試|高校入試ナビ All rights reserved