平成20年度公立高入試 全日制推薦枠増 

福岡県教委は22日、2008年度の公立高校入試募集要項を発表した。

県立全日制高校92校の推薦入試募集定員(推薦枠)は4719人、市町・組合立を含めた公立高102校の推薦枠は前年度比5人増の計5399人。一般入試を含めた全体の募集定員に占める推薦枠の割合は前年度比0.4ポイント増の20.1%となった。

推薦枠の増加が目立つのは大牟田北(20人)や福岡工(18人)など。面接や作文など生徒の個性を重視した特別試験は、早良(普通科)と鞍手(定時制普通科)が新たに一般入試で導入、08年度に統合される朝倉農(農業・食品科、生活情報科)と若松(普通科)で中止され、実施は計46校となった。

推薦入試の願書受け付けは来年2月1‐6日正午まで。面接、作文、実技試験は12、13日で、18日に合格内定を通知する。一般入試の願書受け付けは来年2月18‐25日正午まで、学力検査は3月12日。特別試験は同12日の検査終了後もしくは同13日。合格発表は同19日に行われる。

 

「部活ばかりで勉強しない」お母さんからの相談

 

Copyright © 2006-2010 福岡県の高校入試|高校入試ナビ All rights reserved