九保大が薬剤師国家試験の合格率日本一 

3月にあった薬剤師国家試験で、延岡市にある九州保健福祉大学薬学部の第一期卒業生120人のうち117人が合格し、「合格率日本一」を達成した。

厚生労働省が5日に発表した試験結果によると、今年の国家試験には全国48大学の卒業生ら1万2112人が挑戦し、9154人が合格。全体の合格率75.58%に対し、九保大の合格率は97.5%で、2位は近畿大の90.29%だった。国公立では、広島大の85.14%がトップで、東京大は63.57%、九州大は60.77%だった。

同大入試広報課は「合格率全国1位によって、大学の実力を学外に示し、学生の誇りにもなった。この成績を起爆剤に、さらに活気ある大学を目指していきたい」としている。

2007/04/12

 

「勉強に関して競争心がない」というお母さんからの相談

 

Copyright © 2006-2010 福岡県の高校入試|高校入試ナビ All rights reserved