県立高校の授業料減免者10%

全国の都道府県立高校で、授業料の免除や減額を受ける生徒が05年度で23万人を超え、10人に1人近くに上ったことが、都道府県教委と文部科学省の調べで分かった。

減免者の割合は、最も高い大阪府と最も低い静岡県では12倍もの差があり、財政難から制度を見直す自治体も出ている。家庭の困窮と地域格差の実態が浮き彫りになった。

都道府県別で生徒に占める割合が高いのは、
大阪(26.4%)
「生活保護率が05年6月時点の試算で全国一。失業率も高い」

鳥取(16.4%)
「都市部に比べ世帯所得が少ない。災害や親の病気にも対応したきめ細かい基準としている」

北海道(14.6%)
「道内経済が厳しい」

福岡(13.4%)
「権利として積極的に申請する保護者が増えた」

低いのは
静岡(2.1%)
▽福井(2.8%)
岐阜、愛媛(3.3%)

「進学校ほど少ない傾向」(大阪、鳥取、北海道、福岡)は、ほぼ共通している。

2007年4月3日

 

子供が勉強しないで困る!と嘆くお母さんが注意すべきこと

 

Copyright © 2006-2010 福岡県の高校入試|高校入試ナビ All rights reserved