仕送り額は2000年から6年連続で減少

首都圏の私立大に昨春入学した自宅外通学の学生の仕送り額が9万9200円と1986年の調査開始以来初めて10万円を下回ったことが19日、東京地区私立大学教職員組合連合(東京私大教連)の家計負担調査で分かった。

仕送り額は2000年から6年連続で減少。仕送りから家賃を引いた1日当たりの生活費は平均約1300円と最低を更新、アルバイトが欠かせない状況となっている。

調査には早稲田大、明治大など首都圏の20大学・短大の新入生約4000人の保護者が回答した。

入学金、学費などの大学への初年度納付金は約130万8300円。自宅外通学者の場合、受験費用や敷金・礼金、生活用品費などを含めると受験から入学まで平均約214万6000円かかる。

さらに仕送りを加えると最初の年の経費は平均約307万2400円。受験費用や仕送りを切り詰めた結果、自宅外通学者の親の税込み平均年収(947万2000円)の32%と前年比1ポイント減ったものの、負担は依然大きい。

2007/03/20 

 

「同じところを何度も何度も間違えます!」お母さんからの相談

 

Copyright © 2006-2010 福岡県の高校入試|高校入試ナビ All rights reserved