私立高校の一般入試について

◆私立高校の一般入試について

私立高校の一般入試の日程については、すでに記しました。

念のため、入試日だけをもう一度掲げておきます。
私立高校の一般入試の日程

◆一般入試

福岡地区   ①前期入試2/2(金)  ②後期入試 2/10(土)
北九州地区  1/30(火)~2/1(木)
筑豊地区  1/29(月)~2/2(金)
筑後地区 1/30(火)~1/31(水)


福岡県の私立高校入試が公立入試と違う点は、公立高校と違って学区制がないということですね。住んでいる地域に関係なく、希望する高校をどこでも受験することができます。

公立の学区という縛りを考えると本当に自由に感じられる制度ですね。

いやらしい話になりますが、現在、私立高校の入試の際の受験料というのが、1万円から2万円というところ。人気がある高校になればなるほど、受験料は上がってくるわけです。

実はこの受験料というのは、高校側にとって、大事な収入の1つなのです。

たくさんの生徒に受けてもらえばもらうほど、学校側は潤うわけです。もちろん、これは悪い話ではなく、
これによって、私立高校は生徒たちにたくさん受験してもらえるよう、他校に負けないよう、魅力的な学校を目指します。学校の特色や学科、大学実績などそれぞれの学校が切磋琢磨することになるわけです。

生徒側にすれば、受験料は高くても、「この学校を受けたい!」と思えば、2万円でも受験しますからね。

平成17年度からでしたか、福岡地区の入試が、前期試験・後期試験に日程を分けて実施されていますが、前期試験に合格した人は、後期試験で別の高校を受験でき、両方に合格した場合、希望する学校のほうへ進学できます。

こうした工夫もできるだけたくさんの受験生に受験してもらおうという高校側の努力を感じます。

受験機会が多くあるのは受験生にとっては、うれしい限りですが、受験料も高いですから、受験する前には、なぜ受験するのかのテーマを持って臨むことが大切と思います。

さあ、あなたはどの私立高校を受験しますか??

  <お役立ちリンク集>

高校受験の親技

考える学習をすすめる会

落ちこぼれの逆襲!


 

子供が勉強しないで困る!と嘆くお母さんが注意すべきこと

 

Copyright © 2006-2010 福岡県の高校入試|高校入試ナビ All rights reserved