私立高校の専願及び推薦入試について

◆私立高校の推薦及び専願入試

私立高校の推薦及び専願入試の日程については、すでに記しました。

念のため、入試日だけをもう一度掲げておきます。


 ◆推薦及び専願入試日程  入試日 平成19年1月23日(火)


私立高校の入試は、「専願入試」、「推薦入試」、「一般入試」に分かれます。

公立高校と違うのは、「専願」という制度があるということですね。

専願入試は、受験前にあらかじめ「合格すれば入学する」という意志を高校側に明確にして受験する入試です。

砕けた言い方でいえば、「あなたの学校にどうしても行きたい!」、もっといえば、「あなたしか見えない!」と高校側に求愛する方法といってもいいでしょう。

求愛される高校側は、そんな一途な思いを告白されれば、うれしいものです。そこまで言ってくれるならば、少しくらいは、ハードルを下げてもいい、つまり、専願入試の合格点は、一般入試よりも低く設定して、生徒の求愛に応えるというわけです。

専願入試はすべての高校でやっているわけではありません。福岡・筑後地区では多くの高校が実施していますが、筑豊地区は実施校は少なく、北九州地区では、ほとんど実施されません。

一方、推薦入試は、逆に北九州地区の多くの高校で実施され、福岡地区では推薦入試はほとんど実施されませんなど、地区によって、また、高校によって違いがありますので、事前の確認が必要です。

専願及び推薦入試の内容は、面接、小論文、作文、学科試験、実技試験など各高校側が定めるテスト結果と調査書を合わせて合否が判断されます。

これら専願・推薦入試は、一般入試より早い時期に行われるため、推薦入試で不合格になっても、一般入試で再度受験する生徒も多いようです。ただ、専願入試で不合格になった場合は、一般入試では別の学校を受験する場合が多いようです。

 

「同じところを何度も何度も間違えます!」お母さんからの相談

 

Copyright © 2006-2010 福岡県の高校入試|高校入試ナビ All rights reserved